普通自動車と軽自動車の維持費の違い

PR

自動車を買いたい。でも維持費は安くしたい

このようにお考えの方も多いと思います。

車には普通自動車(白色ナンバー)と軽自動車(黄色ナンバー)があり、それぞれでかかる維持費用が異なります。

維持費用にどれだけ違いがあるかを把握して、どちらが自分の生活スタイルに合っているかを検討してみてください。

それでは早速、2つの違いを見ていきましょう。

 

自動車の維持費まとめ

車を所有することで発生する維持費の一覧です。

  1. 車検代
  2. 自動車保険代(任意保険代)
  3. ガソリン代
  4. 駐車場代
  5. 整備/メンテナンス代
  6. 高速道路代

1. 車検代

車の維持費用の代名詞ともいえるのが車検代です。

新車購入時は購入から3年目、それ以外は2年ごとに車検があります。

車検代は依頼する整備工場によって異なりますが、一般的なディーラーであれば軽自動車で62,770円~普通自動車(1tまで)で73,330円~となります。

車両重量が大きくなるほど重量税が上がるため、さらに車検代は高くなります。

車検代を平均すると、軽自動車と普通自動車で20,000円程度は変わってくるでしょう。

区分 車両重量 法定費用 整備・手数料 合計
重量税 自賠責保険 印紙代 整備代 代行手数料
ワゴンR 6,600 25,070 1,100 20,000~ 10,000~ 62,770~
普通 ~1t マーチ 16,400 25,830 73,330~
~1.5t カローラ 24,600 81,530~
~2t セレナ 32,800 89,730~
~2.5t アルファード 41,000 97,930~

 

2. 自動車保険代(任意保険代)

車を所有する場合、自賠責保険は必ず加入しますが、多くの場合は各保険会社の自動車保険(任意保険)にも加入することが一般的です。

特に対人/対物補償に関しては、75%近い加入率となっています。

等級やオプションにもよりますが、普通自動車のほうが軽自動車よりも年間5,000円程度は高くなります。

関連記事:自動車保険(任意保険)の加入率

 

3. ガソリン代

車に乗る頻度と距離にもよりますが、ガソリン代も維持費としてかかります。

普通自動車も軽自動車も同じガソリンですので、区分による差はなく、各車種の燃費の差が大きいといえます。

標準的な走行距離は一年間で1万kmとされています。

仮に燃費が20km/Lの車に乗っていたとすると、一年間で500L給油することになります。

ガソリン価格が1Lあたり130円と仮定すると、65,000円/年 のガソリン代を払っていることになります。

 

4. 駐車場代

車庫付きの一戸建てに住まれている場合を除き、大半の方は月極めで駐車場を借りられることになります。

都心か郊外で大きく駐車場代の相場は変わりますが、毎月のコストとして発生します。

都心部では30,000円/台、郊外では10,000円/台 程度です。

その地域の平均的な家賃の20~30%ぐらいが駐車場代の相場です。

 

5. 整備/メンテナンス代

整備代は常に発生するわけではありませんが、車に乗っていると消耗品の交換などは必ず必要になってきます。

よくあるのは、バッテリーやタイヤ、ワイパーなどの交換です。

パーツにより修理代は変動しますが、例えばタイヤ4本を交換すると50,000円前後の出費となります。

 

6. 高速道路代

高速道路・有料道路を走行する際は軽自動車のほうが安く利用することができます。

軽自動車で走行する場合は、普通自動車と比べて2割ほど安くなることが一般的です。

 

車を高く売るコツ

車買取は複数の見積り査定が大切です

車を高く売るコツは、複数の買取業者から査定見積りを取ることです。

私が以前に車を売却した際も、一番高い業者と一番安い業者で20万円も査定金額に差がありました。

各社の金額を比較してから売却先を決めましたので、損はしませんでしたが、もし一社だけで決めていたらと思うとゾッとします。20万円ですよ・・・。

車の買取を失敗しないためには、最低でも3社は買取査定を依頼し、査定金額の相場を把握しておきましょう。

複数の見積りを取るには、>車一括査定サイトの利用がおすすめです。

車一括査定サイトでは、提携している優良買取業者のみに査定依頼ができますので、初めての方でも安心して利用できます。

>> 先月の利用者数No.1の車一括査定サイトはこちら

 

車一括査定を利用するメリット

一括査定が便利です

自分の足で実際に買取業者を何店舗も訪問するのは時間と手間がかかります。

店舗での持ち込み査定は混雑していると数時間も待たされることもあります。いきあたりばったりで進めていると複数の見積りを取るのに何週間かかるか分かりません・・・。

車一括査定サイトを利用することで、効率的に査定日時を決められるメリットもあります。

提携している優良業者から複数見積りを取り、査定金額を比較することで、失敗のない車の売却を進めることができます。

>> 簡単!45秒で車の査定依頼

タイトルとURLをコピーしました