車を売るとき傷や凹みは修理するべき?高く売るための秘訣

車買取

車を売りたいんだけど、傷や凹みは修理したほうがいいのかな・・・?

このようにお悩みの方もたくさんいらっしゃると思います。

結論から言いますと、車の傷や凹みは修理しなくてOKです。

そのままの状況で、車の査定を依頼しましょう。

「なぜ、修理してはいけないのか?」という理由についてご説明します。

車をはじめて売却する方はこちら
はじめて車を売るときの流れ

必要な書類はそろっていますか?
車を売るときの必要書類(普通自動車/軽自動車)

いくらで売れるか知りたい
車の買取相場を調べるには?

 

\車を売る前に必ずチェック/

> 車の買取相場をみる

修理代が無駄になる可能性あり

車の傷や凹みを修理すると、当然、修理代金がかかります。

小さな傷であれば自分で修復することもできますが、大きな傷や凹みをキレイに修復するには板金屋で修理してもらう必要があります。

ですが、わざわざ修理代金を支払ってキレイに修復しても、その修理代金が査定額に上乗せされる保証はありません

むしろ、上乗せされないほうが多いです。

 

例えば、バンパーの傷を3万円で修理したとします。

しかし、傷をそのままにして査定したとき、わずかマイナス5,000円の減額だったらどうでしょう?

無駄に2万5千円を捨ててしまうことになります。

バンパーの傷を3万円で修理したからといって、査定額に3万円を上乗せしてくれるということはまずありません。

車の傷や凹みが、いくらの減額になるかは査定してもらわないと分かりません。

ですから、そのままの状態で査定したほうが無駄な出費をしなくて済むわけです。

関連記事:車の売却時にウソをつくと違法?事故歴や修理歴はバレる?

 

中途半端な修復跡はマイナスポイント

小さな傷であれば、市販のタッチペイントやヤスリを利用することで、ある程度キレイに修復することができます。

パッと見たときに、傷があったことが分からなくなるレベルで修復できるのであれば、修復したほうがもちろんいいです。

ですが、逆に「修復したことが分かる」レベルになりそうであれば、修復はしないようにしましょう。

中古車を購入するお客さんは、前の所有者の面影が残っている車を嫌がります。

特殊なカスタムなどもそうですね。

車の傷は「単なる傷」として見ることができますが、タッチペイントなどでの修復跡は「前の所有者が触った跡」として見えてしまい、購入を敬遠される傾向があります。

そうなると買い手が見つかりにくくなってしまい、結果として安く買取しなければいけなくなります。

買取額が安くなるということは、車を売ったときにもらえるお金が減ってしまうわけです。

中途半端に修復跡が残りそうな状態であれば、そのままで査定してもらうようにしましょう。

傷は傷のままでOKです。

 

マイナス査定にならない傷もある

車に傷や凹みがあると「マイナス査定されるのではないか・・・」と気になりますよね。

ですが、意外と小さな傷や凹みであればマイナス査定にならないこともあります

年式相応という扱いです。

「長い間、乗っていればちょっとぐらいの傷や凹みはあって当然」というように見てもらえるわけです。

車は走っていればいずれ傷は付くものです。

傷がゼロというほうが珍しいです。

先ほども述べましたが、自分で傷を修復して汚い修復跡が残るほうがよっぽどマイナス査定になります

ですから、傷や凹みに神経質になりすぎず、まずは実際に査定してもらってマイナスになるかどうかを知ることが大切です。

関連記事:車を売る前の洗車は必要ない!?査定額アップに効果的なのは見た目ではない

 

気になる傷がある場合は自己申告しよう

実は車の見えないところに傷があるんだけど、だまっていれば分からないかな

パッと見ではキレイな車でも、意外なところに傷があることもありますね。

「高く買取してほしいからできれば言いたくない」と思われるかもしれませんが、傷があることが分かっている場合は自己申告しておくほうがいいです。

その理由は、万が一、悪徳な買取業者だった場合、後で傷が見つかった場合に「こんな傷のことを聞いていない!だまされた!返金しろ!」というようにいいがかりをつけてくることもあるからです。

ほとんどの買取業者は査定時にしっかりチェックしてくれますので、もし傷や凹みを見逃した場合も買取業者自身の責任として処理してくれますが、マレにそういった面倒な買取業者もあります。

自分で把握できる傷については査定時に言っておくほうが安心です。

 

車を高く売るコツ

車買取は複数の見積り査定が大切です

車を高く売るコツは、複数の買取業者から査定見積りを取ることです。

私が以前に車を売却した際も、一番高い業者と一番安い業者で20万円も査定金額に差がありました。

各社の金額を比較してから売却先を決めましたので、損はしませんでしたが、もし一社だけで決めていたらと思うとゾッとします。20万円ですよ・・・。

車の買取を失敗しないためには、最低でも3社は買取査定を依頼し、査定金額の相場を把握しておきましょう。

複数の見積りを取るには、>車一括査定サイトの利用がおすすめです。

車一括査定サイトでは、提携している優良買取業者のみに査定依頼ができますので、初めての方でも安心して利用できます。

>> 先月の利用者数No.1の車一括査定サイトはこちら

 

車一括査定を利用するメリット

一括査定が便利です

自分の足で実際に買取業者を何店舗も訪問するのは時間と手間がかかります。

店舗での持ち込み査定は混雑していると数時間も待たされることもあります。いきあたりばったりで進めていると複数の見積りを取るのに何週間かかるか分かりません・・・。

車一括査定サイトを利用することで、効率的に査定日時を決められるメリットもあります。

提携している優良業者から複数見積りを取り、査定金額を比較することで、失敗のない車の売却を進めることができます。

>> 簡単!45秒で車の査定依頼

タイトルとURLをコピーしました